アースデイ東京2021、代々木公園2日目

アースデイ東京2021の2日目終了!今日は昨日と打って変わって朝からピーカンの晴れで風は強いが暖かくて、いい天気!
写真は配信をしているため外に出て撮影が出来ません。2方向から撮っているのでどちらに行っても自分が映るため。

写真はHONEBONEのお二人。この女性は歌が上手いね。
熊本から戻って来た、加藤登紀子さんがサウンドチェックなしでいきなりスタートだがとても素敵でした。

自然破壊との批判もある、ソーラ電源界の「みんなの電気」だが、このスポンサーがいなければ今年の開催は無かっただろうから仕方ないすな。

でも今日のアースデイ、私の目的は、なぎら健壱さんの本「高田渡に会いに行く」にサインをもらう事。私のワタルちゃん体験談を披露させていただき笑いを得た。成功か!? ステージでは「生活の柄」を歌われて感動でした。

そしてもう一つは配信で映画「アルジュナ」の公開と、河森正治監督へのインタビューこれは珍しくなかなか監督へのインタビューは取れない知らなかった意味やらが含まれていて新鮮に響いた。ポリスターの中澤さんのお手柄です。原因を作った舞台監督の海老沢さんにも感謝です。
アーカイブが公開されるだろうから1週間程お待ちください。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です