エスパソのアルバムが無線と実験誌7月号で紹介されています!

エスパソ「ファーストインプレッション」無線と実験誌7月号のJAZZ欄で取り上げていただいています。

「スペイシーさの中にスピリチュアルなジャズを閉じ込めバラードの香りまで閉じ込めてある、各人の感性の鋭敏さが作品全体を支配している」とあります。今井正弘さんの文章です。ありがとうございます。

誰にも知られてないバンドで、誰も宣伝しない可哀想なアルバムですが、青木秀明(Ts,Ss) 小野寛史(G) 石田幹雄(P) 柳原たつお(B) 上村計一郎(Ds) 実は俊英なメンバーでの名アルバムなのです。聴いたらビックリしますよ!

同じく無線と実験6月号には、「孤独のグルメSeason7」のアルバム評も掲載されています。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です