サマー・オブ・ソウルをやっと観れた!

念願のサマー・オブ・ソウルの映画がやっと観れた。吉祥寺オデオンで。200人の会場に客は40人程度かな?
西荻から某ギタリストとその奥さんも来ていた。関係ないが、面白い話も聞いた。

まぁ、69年のハーレムって時代背景も含めてベトナム戦争・暗殺が続く・アポロの月着陸などと濃ゆいよね。今のアメリカンの状況や日本の状況と似ているね。
出て来るミュージシャンがみんな熱いし凄いね、ただの大きなフェスに出て来る人ではない。黒人の連帯なんでしょうね。ゴスペルの人達、名前は知っていても実物を見るのは初めて。

ソニー・シャーロックはあのギターで出演してるし、マックス・ローチのジャズじゃない?ドラムがカッコいい。驚きも満載。
ニーナ・シモンとマヘリア・ジャクソンにメイヴィス・ステイプルには感動もする。ニーナ・シモンって熱い人だったのね、静のイメージがあったのだが、

副題になってるギル・スコット・ヘロンの曲名は曲自体が出て来なかった。時代からして早いもんね。取って付けただけのタイトルなのかな?


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です