シアターコクーンでの「ニンゲン御破算」を観る!

渋谷東急文化村での大人計画、松尾スズキ氏脚本の「ニンゲン御破算」公演に招待していただく。1人1万円の席がトックに来月末の大阪公演まで全席売り切れも、立ち見席と言うのか?立ち見に凄い人で溢れかえる。アングラがどうとかのセリフがあったが、堂々たる立派な商業演劇!

本日が初日で、皆さんセリフは詰まるや時間が間延びしてチョットなと思うとこあり。もう少し何日かしてから見せて欲しかった、あるいは別の日にまた見せてくんないかな?でも多部未華子ちゃんは完璧でやるなと思わせる。彼女は良い役者になるでしょう。他にも何人かは良い役者さんもいたな!阿部サダヲがほぼ出ずっぱりで、大変だね!先日何処だかで観た商業演劇の音響には感心したが、この小屋の音響はあまり感心しなかったな。それぞれのセリフも聞き取りづらいしこの会場の特性なのかな?

隣席には、音楽を使われている佐々木彩子と8歳の息子のカノト君が座っていた。3年半ぶりぐらいで会ったのかな?彼女のアルバム「あおいとこ」から百足とホイホイ節と海ボウズの3曲がアレンジされ効果的に劇的に使われていた。音の使われ方が素晴らしく彼女の楽曲が活かされてるって言うか、彼女の曲がないと全く締まらない。彼女の楽曲で富山・城端の田畑でやった大豆鼓ファームの芝居を思い出す。20年経っても評価される曲を書いた、彩子(チャン)は大人計画に電話したら破格のギャラがもらえたとの事で喜んでいた。目出度い!

楽しく拝見しましたが、でも、何故、他の劇団のオリジナル芝居で大団円を迎えた楽曲を使うのか、この元の大豆鼓ファームの芝居を見て感動したとか? 松尾スズキ氏に挨拶が許されなかったようなのでここの所が分からんママである。伊藤ヨタロウさんの紹介だとの説もあるのだが。折角、生でミュージシャンが活躍するのに何故オリジナル楽曲で勝負しないのかはスッキリしない部分であった。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です