ジャズ批評今月号に中牟礼さんのCD評が掲載されました!

今月発売のジャズ批評誌に、中牟礼貞則さんの「デトゥアー・アヘッド」B96FのCD評を掲載していただけました。小針俊郎さんの文です。「頭が下がる点は実験精神だと思う」「彼の深みを聴くべきアルバムだ」と書いてくださいました。アン・バートンの未発表作の評も載ってます。

チャールス・ミンガスの特集で、こんなに作品があったのって気がするぐらい、濃い深い内容になっています。いろんな秘話もあり面白く楽しめます。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です