ジャズ ジャバン誌に中牟礼さんのアルバム評が掲載されました!

ジャズ ジャバン誌12月号になるのでしょうか?通巻124号ですね。表紙には私の嫌いな吉祥寺Megの寺島さんですが全く関係なく、中牟礼貞則さんの「ディトアー・アヘッド」の評が掲載されています。「前人未到の地に達し表現者の気高くも美しい姿がある」と書いていただきました。小川隆夫の文章です。感謝申し上げます!

同じページには、浅利史花さんのアルバムとジャケットが並んでいる。彼女のアルバム「イントロデューシン」にも中牟礼さん1曲参加されてます。年齢差が60才とのこと。笑 こちらも聴いてみないとね。

ジャズ ジャバン誌、いつものアルバム紹介はデイブ・ブルーベック、この人こんなにアルバムがあるのね。ディズニーアルバムとパンナムのジャケットは持ってます。頭に乗せてるのはターバン?カルカッタブルースって曲は入ってるけど?


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です