フェダインの評がしんぶん赤旗日曜版に掲載されました。

明日発売のしんぶん赤旗日曜版でライターの天神直樹さんに、フェダイン「ジョイント」B98FのCDアルバム評を掲載していただきました。いつもありがとうございます。

フェダインと南正人さんとの共作盤になります。南正人さんの表記は特にされていませんが、全ての楽曲でナミさんが気持ち良さそうに歌っています。さらにもう一人ゲストとして加藤崇之さんの独特なギターが花を添えます。川下さんが90年にナミさんの「スタートアゲイン」でトロンボーンの板谷博さん、サックスの篠田昌己さんらと共演したのが縁なのだと思います。トリオの演奏だけでなくボーカルが欲しかったのかな?

フェダインの「ファースト」B97Fと同時発売ですが、「ジョイント」は初の再発なのと初回にプレス枚数が「ファースト」に比べると少なかったため、今回多くのご注文をいただいています。

取り上げていただいた天神直樹さんはトランペッターでもあり、弊社発売の「騒乱武士」にも参加されています。新宿で呑み屋を経営されているのですが、四谷三丁目にライブハウスを開かれます。「CON TON TON VIVO」って名前です。時期的には大変でしょうが是非の成功を願います。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です