ベニシアとの出会いやレコーディングに至るまで!

ベニシアは私が17歳の頃からの知り合いです。京都の銀閣寺か、百万遍あたりの喫茶店で出会ったのではないかと思いますが良くは憶えていません。当時から存在感は大きく、人当たりの良さを発揮されていました。私が京都を離れて以降は全く接点もなく過ごしていましたが、友人からは彼女の動静(大原に住んでる)やらは聞いていました。

10年近く前、渋谷で行われた彼女の講演会を主催した際、彼女がたまたまNHKの朝の番組に出演し告知したら10分でライブポケットのチケットが売り切れた。ウハウハだが私の電話番号がテレビに出て3日間電話が鳴り止まない恐怖体験を味わう。そのイベントの際に私が音楽に関わる仕事をしている等を話す。

すると4年ぐらい前に電話が掛かってきて「私歌いたいの、CDが作りたいの」と言って来たが、最初は冗談だと思って相手にしていなかった。彼女の家の隣に、昔渋さにいた横山ちひろちゃんが住んでいて子供達が、ベニシアのNHK Eテレの番組「猫のしっぽ、カエルの手」に出てるって話を聞いて、それならなんとかなるかもと思って、1年前に大阪へ行った帰りに大原に寄り、ちひろちゃんを交えて、近くのレストランで話をしたのがレコーディングする始まりです。

元くるりの吉田省念は横山が連れて来たが、父親が前衛芸術家のヨシダミノルだと知り、昔の村八分絡みのヒッピー仲間じゃないかと。

ベニシアを知らないって人へ、彼女はイギリス人で東インド会社の創始者の家系の貴族で実家はお城です!ハーブの研究家として10年間 NHK Eテレでレギュラー番組を持ち、今も定期的に出演しデパートでの催事を行う、人気者ですな。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

“ベニシアとの出会いやレコーディングに至るまで!” への2件のフィードバック

  1. CALM_LIFE より:

    来年1月20日発売のCD「音楽の贈り物」。必ず購入させていただきますね。

    ベニシアさんの歌はともかくとして、単なる企画もののCDと違い、きっと「アナログレコードのような、音の潤いや暖かみ、無音も音楽の一部」そんな「音」を感じ取れるCDのような気がします。

    また、twitterのコメントに「Piano:今井春子」と記載されているのをみて、うれしくなりました。先だっての「猫のしっぽ カエルの手」の番組中に聴いた今井春子さんの演奏する「五月のそよ風」。超一流といわれる演奏家より心に残る「五月のそよ風」でした。
    でも、不思議ですね。偶然ではありますが、私の中で、ベニシアさん、地底レコードさん、浅川マキさん、渋谷毅さん、八木啓代さんが繋がりました。

    今の私の願いは、なんとか「(脳に効果があるとされるハーブの)ローズマリーなどで、ベニシアさんの視力と記憶障害の進行が止まる、或いは改善されて欲しいと思います。ベニシアさんにPCAなんて、残酷すぎます。

  2. 地底レコード より:

    CALM LIFEさま、ありがとうございます。よくご存知なのですね。テレビでも自分の病気の事語ってるのですかね?
    ホントはね、彼女から電話が来た4年前に直ぐにでもレコーディングしていれば状況は少し違ったかなと思っています。時間が空き過ぎて
    ちょっと声の調子やら環境が変わって録音し易かっただろなとかも考えながらの録音でした。園児にあーの努力によるものですが。本人もボイストレーニングをしてくれたりすれば良いのですが、それも怠るとかですね万全な状態でなかったのが悔やまれます。
    まぁ、でも最低限は聴き易い形にはなったかなと信じています。お楽しみにされてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です