レコードコレクターズ誌にフェダインの2作の評が掲載されました!

レコードコレクターズ7月号でフェダイン「ファースト」「ジョイント」の2枚がリイシュー・アルバム・ガイドで1ページにわたり紹介されています。志田歩さんの文章です。

「ファースト」は、ミュージックマガジン誌91年の年間ベストアルバム、ジャズ部門の1位に輝いた作品です。川下直広(ts,vln) 不破大輔(b) 大沼志朗(ds)
「ジョイント」は93年発売のアルバムで、先日急逝した南正人さんへの追悼作です。南の悠然とした世界観に、ゲストの加藤崇之を含めた4人がフレキシブルに反応し、ジャズのイメージを軽々と超えていく。と書かれています。

フェダインのアルバムは、まだタワーレコードのイントキシケイト誌にも取り上げていただけるそうです。

今回のコレクターズの表紙を見てると、ニール・ヤングのファーストソロアルバムを聴きたくなった。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です