中牟礼さんのCDが完成し到着しました。

本日、11月29日発売の中牟礼貞則さんのCD「Detour Ahead – Live at AIREGIN」B96Fが到着。現在88歳にして現役、ギタリスト人生68年なのだそうです。21日(土)の国立 NO TRUNKSでのソロライブから販売を開始します。

タイトルはビルエバンスでお馴染みの曲です。そして録音場所はその名の通り横浜エアジンで2003年と2020年に行われたソロアルバムから。同じギターとアンプを用いて録音されています。全8曲入り 2500円+税になります。

ジャケットの写真は平口紀生さん、デザインは「孤独のグルメ」や同じく88歳になられるギターの潮先郁男さんのデザインもお願いした、西野直樹さん、録音は横浜の斉藤雅顕さん、マスタリングは、スタジオ存続のクラウドファンディング中の吉祥寺GOKサウンド近藤祥昭さん、ライナーノートはギターマガジンの久保木靖さんで、ギターマガジン1月号(12月発売)には記事が掲載いただけるようです。

録音されている楽曲は、オーソドックスなスタンダードが中心ですが、この方の持ち味はただメロディーが出て来て譜面通りの演奏では無く、独特の展開やインプロビゼーションとも言える演奏で、その手のうるさ型のギターファンにもお楽しみいただける渾身の作品です。

20日から通販の受付を行います。少しだけですがお申し込み簡単になりました。上のポッチからお申し込みください。送料、消費税は無料です。2500円のみです。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です