今年もやってくる、「真夏の夜の地底祭」3日間!

今年もやってきました、曼陀羅×地底レコードの合同イベント企画「お盆で地底ナイト」「真夏の夜の地底祭」? タイトルは何だかまだ決定していませんが、それでなくても暑い夏を、より暑苦しいものにする恒例?となるイベントですが、今年の夏のラインナップが出揃いましたので発表します。

8月16日(火)Talkin’Side-A with 芳垣安洋 メンバーは東金城友洋(as) 小林豊美(fl)永武幹子(p) 山本裕之(b) になんと 芳垣安洋(ds)が加わります。

8月17日(水)AAS 立花秀輝(as) 山口コーイチ(p) カイドーユタカ(b) 磯部潤(ds)           MoonS 後藤篤(tb) 本田祥康(g) 福島紀明(ds)

8月18日(木)渋さ知らズオーケストラ(小編成)メンバーは未定ですが、普段演奏しない楽曲を中心にやります。5月にラフォルジュルネで取り上げた曲、スタンダードナンバー、映画音楽等です。

詳しいメンバーやバンド紹介については、また後ほど追々お伝えします。
料金:当日¥2800+1d / 前売り¥2500+1d  OPEN 18:30 / START 19:30

「曼陀羅でジャズを」の企画の趣旨に極めて近づいてきました。
今現在届いている写真はMoonSのみです。吉祥寺・コピス前でも活動する、吉祥寺の顔か?

渋さはデビューの地が曼荼羅でしたからね楽しみですね。小編成であっても熱い演奏でしょう。大昔に真夏のライブ中に満員で酸欠状態になり、お客さん全員を一度外へ出してミュージシャンも全員が外で涼むなんてことがあったのを昨日のように思い出します。お客さんもTシャツがびっしょりで、物凄い汗だく状態だったのが笑えた。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です