今日、四ツ谷イーグルでのイベントに参加!

原田和典・柳楽光隆・村井康司3人による「ミュージックマガジン」ジャズベスト10選者が語る2018年ジャズシーン@四ツ谷イーグル

昼の3時半から始まり夜の19時までのロングイベントでミュージックマガジン誌に選ばれた10枚だけでなく、個人が選ぶ選外の作品からを聞いた。
結構面白い選曲で感心した作品、なんだかイマイチかなってな作品までが揃う!

ECMでやってるアンドリュー・シリルの作品が意外と良かったな。ワダダ・レオ・スミス、ビル・フリゼールなんかも入っているが全くのフリーにならないとこがECMなのか?Nels Clineも良かった。こちらはブルーノート作品。展開に工夫がある狭間美帆も含めて1位〜5位までは納得の作品が並ぶ!Bill Frisellの入ったMary Halvorsonのアルバムも良い!

実際に本人にインタビューしていたり、国内・海外のライブにも顔を出すマメさで3人の話が素敵で面白い。裏話も交えながら。長丁場も飽きは来ない。勉強になりました!


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です