今日はブルーノート東京でビル・フリゼールを見る。


ブルーノート東京でのビル・フリゼールを見る。2週続けてのブルーノート。目当てはドラムのルディー・ロイストン。
BILL FRISELL (g) featuring PETRA HADEN (vo) THOMAS MORGAN (b) RUDY ROYSTON (ds)

先日のマリア・シュナイダーの公演の時に、ビル・フリゼールが来る事を知った。チャーリー・ヘイデンの3人娘の末っ子と。ライ・クーダーがプロデュースした、トリプレッツと言う3姉妹のアルバムがある。そこでは迫力を感じなかったが、とても強いボーカルで気持ちがよい。

ルディ〜のドラムは活躍場所が少なかったが、矢張りメッチャ凄い!全体的にはロックでデヴィッド・ボウイのスペースオデッティまで演奏していた。会場にはSAXの田中邦和氏やサイデラ・マスタリングの小野セイゲン氏の姿も。面白いかと言われると、そんなには面白くはない気が。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です