加藤崇之「森の声」を聴いた!素晴らしく美しいアルバム。

泉邦宏君のレーベルであるキタカラレコードの新譜、加藤崇之のソロギターアルバム「森の声」が素晴らしい。泉君が住む山梨の家で録音され、鳥の声も聞こえる。

津村和彦君の遺したギターを弾いていて、その音が凄く美しくて澄んだ音。故・津村君は私と同い年生まれで、寝屋川市の大阪出身者。私の親戚も香里園に住んでたので懐かしい場所の人だ。

童謡やら、加藤さんの大名曲「皇帝」も収録。加藤さんでしか聴けない音が満載の贅沢さを感じる音。ウチがリリースする「ペペタン」と合わせて聴いてみてください。

来年3月か4月頃ですが、加藤崇之&さがゆき「シナプス」の、ボサノバ・アルバムをリリースする予定です。TBMレコード(スリー・ブラインド・マイス)以来15年ぶりのアルバムになります。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です