加藤崇之ソロアルバム発売日が決定!

加藤崇之のソロアルバム「PEPETAN」B66Fの発売が4月24日(日)に決定しました。
マスタリングが終了してプレスに回すのみ、とは言ってもジャケットのデザインがまだ出来ていませんけど。

渋さ知らズでお馴染みの「校庭」ではなく、加藤崇之オリジナルの「皇帝」シューミーバンドに収録されているタイトルの「PEPETAN」アントニオ・カルロス・ジョビンの「WAVE」とスタンダード「Body & Soul」に童謡である「赤とんぼ〜七つの子」等、全6曲で約45分収録。

ソロ作品といえば、最近聴いたジャズCDの中では出色の出来かな?Pet Bottle Ningenの吉田野乃子さんのSAXソロ作「Lotus」多重録音を含む作品で、構成力・音楽の展開・演奏技術・表現力・録音にわたるまでが素晴らしく意図することが伝わってくる。

彼女のアルバムに触発されて、加藤さんのマスタリングを行いました。意図することが伝わると言ってもらいたいかな。見事な出来栄えですよ「PEPETAN」!!

加藤さんのアルバムジャケットがまだなので下記を。
吉田野乃子さんのは、ディスクユニオンで発売から時間が経って見つけたのだと思うが 、私は音楽のジャンルに関係なくジャケットに蓮の花が写っているアルバムを収集しているので、その1枚として購入。Pet Bottle Ningen は噂や話だけは聞いていたが2枚のアルバムは未だ未聴。こちらも聞いてみたくなった。

蓮の花が写るジャケット、上の左から吉田野乃子、70年代の、うちの会社の名義の基になっているクインテサンス、ジョージ・ハリソン、サンタナ、REM、Lotusってバンドと、David Gordonの2枚はジャズ系。その横はヒーリング系、中嶋美嘉はDVDでシリーズ化されています。

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です