加藤崇之 & さがゆき@ 中野スイートレイン

加藤崇之&さがゆき Cole Porterを歌う @ 中野スイートレイン
シナプスのスタンダード版。ギターはただ譜面を追うだけでなく、アドリブが溶け合うところがシナプスなのだそうな。

このシリーズも3回目。コールポーターにはいい曲が多い。
恋の歌、不倫を歌った歌、深い愛の歌、残酷な歌詞、変な日常を歌う歌が多い。
ジャズだけではない、シャンソン風やミュージカルでも歌われる歌など。
センスがあって、不思議で偉大な作曲家ですね。とても深いものがあります。

私は数日前に、さがさんに Miss Otis Regrets と言う曲をリクエストしていた。この美しいメロディーを持つ曲には深い意味の歌詞があった。さがさんも知らない、私も知らなかったが、この暗い残酷な歌詞を気に入ってくれて、1部の最後の曲としてすごく感情を込めて歌ってくれた。加藤さんの淡々としたギターも素晴らしかった。

来年、この2人のコールポーター集を、地底レコードがレコーディングして、リリースするんだそうな。フーン、そうなんですか、ありがとうございます。とても深い話すぎます。

IMG_1291


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です