吉祥寺ストリングスで石内幹子&高木里代子を観て、江古田バディーへ向かう

夜はお世話になるYさんのお誘いで、吉祥寺・ストリングスへ。フランスから帰国のバイオリニスト石内幹子&巨乳で有名なジャズピアニスト高木里代子を観た。この人上手い、ただ巨乳だけなのではない。両親とも現役のクラシックの演奏家だそうで教育が功を奏した、ちゃんとジャズしてるし。
(注:ご両親は演奏家なのではないそうです。ご本人からのお言葉です。)
エイベックスからCDが出ているそうだが、ライブでしか発売しない自主制作ソロCDをお持ちで、普段は望まないサインももらっちゃった。今年2月のジャズ ジャバンの表彰式で2曲を聞いたがフルは初めて。
 
U島珈琲の関係者繋がりなのであろうか?石内もマヌーシュだけではなく、ポップス感覚が際立つ!ディディエ・ロックウッドの学校に通っただけある。パリでのマグマのライブにも出演したそう。
意外と激しいオリジナルの曲もあってなかなかの演奏、この日は、キャンセル待ちのお客さんが30人いたのだそう。30人の小屋なのに。
 
個人的には別に巨乳って好きじゃないですが、巨乳を見たからか?元気が出て、江古田バディーへ底無しジャズのチラシを持って行ったら、渋さ知らズライブは終了し、何だか少し寂しいことになっていたので、12時前に石渡・のぞみ組と共に帰る。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です