吉野家の話を一つ、セクハラ・パワハラとは関係がないけど!

吉野家の話を一つ、話題のセクハラ・パワハラとは一切関係がありません。古い話です、私がアメリカのデンバーで職を得た1982年頃、LAとデンバーに数店の吉野家の店がありました。
(私がデンバーの吉野家で職を得た訳ではありません。)

今は知りませんが吉野家がコロラド州で牧場を経営していたからです。コロラド州の肉はニューヨークへ送るとニューヨークステーキと呼ばれ高級肉に、バラのクズ肉を日本へ送ると牛丼になる。

一度、デンバーのお店で食べてみましたが恐ろしく不味い。東京の店とは違うと思うが、当時アメリカではキッコーマンの粉末の醤油を使用していたらしい。コスト面の問題でしょうね。85年にはヤマサの普通の醤油に変更したと、デンバーの店長から聞いた。

前に少し書いたLAのクレンショーの店で、日本に帰る前に牛丼を食してみた。確かに醤油瓶は変更されていた。味は覚えてる訳がない。笑


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。