国立 NO TRUNKSで戦前アフロアメリカン音楽を聴く

昨日は、国立・NO TRUNKSにて、W後藤さんによる「戦前アフロ・アメリカン音楽同好会」に参加。
要は戦前・船中・戦後の黒人(ハーフを含む)の率いるオーケストラ特集。

紹介されたのは、フレッチャー・ヘンダーソンオーケストラ、チック・ウェブ・ヒズオーケストラ、カウント・ベイシー、デューク・エリントン、ラッキー・ミランダー、ジミー・ランスフォード、キャブ・キャロウェイ、ホット・リップス・ペイジ。

この中で知ってるバンマス何人いますか?
カウントベイシーやエリントン、キャブキャロウェイは有名ですよね!

いずれも素晴らしいが、一番面白かったのはラッキーミリンダーのオーケストラのもの。
本人の指揮が足あげたりでいい加減そうなのが可笑しかった。

このYouTube画像はイマイチですが、演奏は楽しめます。
ビデオで観た映像がYouTubeに載ってなかったので。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です