売り上げの減少!国や都からの保証は何もない!

ミュージシャンやライブハウスの場合は、収入がゼロになってる訳で、自粛を守ってさえ入れば、ある程度の保証は出るとか言われてますが、いつだよそれって感じですよね。

地底レコードは3~5月期、昨年と比べて確かに売り上げは落ちてるのですが、50%オフとはいかず30%程度の落ち込みですかね?ですから何らの保証も受けられません。泣き寝入りです。

レコ発ライブが飛んで収益が随分減ったりありますが、通販はある程度好調だったり、卸屋メタカンパニーさんのセールの影響もあってある程度の売り上げは確保出来てるようですが、レコード店が全て閉まっていて、とりあえず注文来ているのはAmazon、ハピネット、タワーレコード・オンライン、HMV インターネットのみですから細々でしかありません。6月を迎え、それ以降の事も心配しております。写真は吉祥寺駅前のタピオカ屋が潰れ隣の薬局も潰れるの図。

まぁ、YouTubeでの無断使用が増えて自粛で見る人も増えていますから、無断使用により弊社の広告料収益が増えて行くのが売上が減らない理由の一つですが、こんな事で収入を得たい訳ではなく、きちんと申請してくれと思います。
#検察庁法改正案に抗議します


 


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です