孤独のグルメの音源

孤独のグルメの音源を使った、映画、CD、YouTube 等での作品をご紹介します。

まず映画、11月9日から岡山限定で上映会が始まる「つづきのボイス」山中一揆から現代を描く作品。山崎樹一郎監督作品。
以前「ひかりのおと」を撮った監督の新しい作品です。
岡山の奥深い山村(現・真庭市近辺)で起った一揆を語り継ぐ、歴史に深く切り込む作品です。
この映画では音の切り取り方が上手く、えっ、これがあの曲と言った印象ですがとても上手く使われています。当初飽食のドラマの音楽を使うのと思ったのですが、割と丁寧に使ってもらっています。最後だけ良く知った曲が出て来ます。
全国での上映までには時間が掛かると思われますが、機会があれば一度ご覧下さい。

CDはですね、声優さんが読み語るだけの作品ですけど。タイトルが「大好きおじさん!」
~わたしのおじさん観察記〜と言うもの。
藤原啓治さんとおっしゃる声優さんが9話を語ります。ジャケットはアニメにありがちなイケメン顔のオヤジが描かれています。
声優さんのバックにうっすらとサントラの音楽が使われていて、まぁ、心地良くは聞けます。
私にアニメの素養はないのでよくわかりませんが、様々な世界があるものですね。
ハル・ウィルナーがプロデュースしてビル・フリゼールが音楽を担当した数年前のアメリカでのベストセラー本「ケンタッキーダービー」読み芝居に音を付けた作品を思いだした。
http://ike-men.net/ci_oji.html

YouTubeでは TOTOMO さん制作のシリーズで http://youtu.be/yrQdFHO_X4w
こちらは第3弾の作品の麻婆豆腐編。この他にも唐揚げ編、炒飯編があります。
いちから必要な素材、作る、食べる、呑む、ごちそうさままで描かれるだけですが、正しい作り方も語られるが割とデタラメでいい加減なところが気に入っています。

他にも「おとうさんとのりくん」シリーズで漫画作品とCDを紹介してもらいました。
http://www.youtube.com/watch?v=5EM0SND7Lho&feature=c4-overview&list=UUZ4xa0XBrlPopIYzLqczZcA
シリーズでは鹿児島編などでもスクリーントーンズの音楽が使われています。
のり君楽しそうでイイですよ、この子。

これらの他にも松竹のコメディアンが出演されてるミニ映画作品にも使われていました。
楽曲ご使用の際にはご連絡だけいただければ快諾させてもらいます。
誰が見てるか分らないこのブログやツイートでも紹介だけは差せていただきます。
お互いに笑顔で完成する(した)作品を楽しみましょうね!

main_visual
9e3d86_d1cc7fa02dfc40f79c83dd86b4c72530.jpg_srz_p_241_188_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srz
 


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です