孤独のグルメ著作権問題に関してのご報告です。

孤独のグルメ O・S・T

孤独のグルメO.S.TのYouTubeでの著作権無断使用について

たいへんな騒ぎとなってしまった、著作権問題は、まだ不正な使用実態もありますが、(株)クロスワープと言うYouTube上でのコンテンツIDを所得出来る日本の会社と契約をして、ほぼYouTube上での著作権を取り戻しつつあります。現在は、中国の2社の2曲を除き、コンテンツIDを取り戻すことが出来ました。

クロスワープ社は、日本で著作権を管理する日音さんにいた方等が起こされた会社です。YouTube上でのコンテンツIDを所得することが認められている会社です。弊社がクロスワープさんに依頼したら、楽曲を無断使用されている作品が数百件も発見されてしまいました。楽曲の使用許諾を得たい方は、是非、ご連絡をいただけますようお願いいたします。

最も大きなイギリスのビリーブ・ミュージックに関しては、いろんな方面から丁寧な説明をしてもらいIDを放棄してもらえることになりました。シーズン5の全曲を登録していたようです。まぁ、そんなに言われる程に悪い会社ではなかった訳です。

「孤独のグルメ」の原作者であり楽曲作者でもある、久住昌之さんの善意により、スクリーントーンズメンバーからも、快く作品の使用は連絡さえいただければ許諾していますので、必ずご連絡をください。

弊社が使用許可を出した作品には、ホワイトアウトと呼ばれる広告料をクロスワープ社が取らずに、作品制作者に戻るようにしますが、弊社に使用許諾を取らなかった作品や無断使用作品からは、広告料を徴収することになります。ビデオにクレジットされていない人や許可を取ったのに広告料が入ってこなくなった人は連絡をください。私たちが忘れているケースもありますので。

弊社はYouTube画像からは収益を得ていません。著作権でビジネスを行なっていません。ジャスラックではありませんから。

収益はクロスワープ社が得ます。YouTubeでのコンテンツIDを所得する手数料のようなものです。これで無断使用も数が減ってくれて、正しく利用許可を得る行為が増えることを願っています。

中国の1社ワーナーは、自分たちの主張を取り下げてクレームには対応してくれたようです。「エレキのツンドラ」のIDを手放したとは聞いていませんが。現時点ではレクサスがスポンサーになっているDining OutのCMに許可しているシーズン1「不思議な時間」の1曲だけが、中国の別会社が権利を主張しているだけとなりました。

問題解決をもたらせてくれたクロスワープ社、トランペッターの辰巳小五郎さん、ユーチューバーの高尾てんぐさん、中国との間を取り持ってくれている、ジャック・チェンさん、と何人にも及ぶこの件について、ご指摘並びに助言をいただきました方々に感謝を申し上げます。
http://www.assetmanager.jp/casestudy/

孤独のグルメシーズン1の初回3千枚のプレス以降には、楽曲を使用する際は、地底レコードに連絡するようにと久住さんからのメッセージが書かれたクレジットを入れてあります。著作権はミュージシャンであるスクリーントーンズ並びに弊社地底レコードが所有しています。ご了承いただければと思っております。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です