年始の地底レコード

みなさま

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


で、早速ですが、あまりいい話からのスタートではありません。

古谷暢康のアルバム『Stunde Null』B45F を廃盤としました。
理由としては書きたいことはありますが、問題が起きたからとしておきます。
部分的に残ってはいると思われますが、基本的にこれまでの全てのブログ内からも古谷の関係記事を消去しました。ご容赦ください。

ただし、アマゾンやタワーやHMV、ディスクユニオンなどで、既に取ってもらっているCDは回収しませんので、今のウチに買っておかないと無くなるかも知れません。在庫はございますので、通販をご希望の方は直接お申し出くださいませ。捨てるまでには時間が掛かりますから。これらは「渋さ」に事件が起きた際の、メジャーレコード会社の行動に準じています。

でいい話ですぞ。

別の項にも書きますが

1月23日には、フランス絡みで、エクスペリメンタル・バンドの「レナサーカス」がJAZZに真っ向から挑む『Jazz Headed』MiMiMi006

ラムンショー・マッタと小宮広子が京都のMama Milkと奏でるアンビエント・ミュージック『Matta』Maat012

この2枚を同時発売します。詳しい事は次回別に書きます。

よろしくお願いいたします。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です