心不全に付いて話を聞かれる!

今日はですね、健康と病いの語りと題して「心不全患者と家族のナラティブに基づいた看護支援の検討」と呼ばれる学術検査のインタビューを4時間に渡り受ける。山梨大学の医学調査の一環かな。

地底レコードのブログに心不全に付いてを書いていたら、ブログの訪問者の多くがこの心不全に関してで、誰も地底レコードのCDや商品を見にくる訳ではなく、心不全に関心があるらしい、それを見た大学の人がこいつに、話を聞いてこいと言われたらしい。ナラティブと言ってもガンダムではない。私もどう言う意味か分かってないのですが。笑(科学や統計に基づいた根拠)の事を言うらしい。

まぁ、くだらない病気自慢の話や自分の自堕落な、情けない生活の一端をご披露しただけ。脳梗塞と心不全で2度も死にかけた奴の話をよくぞ聞いてくれたなと思う。ビデオを撮られ学術分野で参考にし学生にも考えさせるとの事。何だかね?3000円のQUOカードがギャラ。

https://www.dipex-j.org/


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です