春日さん「独りの唄」秘話2

今回は春日さん自身が全曲の解説を書こうとのことで送られて来た文章です。まだ完成途中で次回に続きます。1曲目〜5曲目まで。ウクレレ弾く人には親切なコード付きです。

  1. ピカピカ/ 随分前に、1998年辺り?に出来たんだけど未発表だったのが遂に陽の目を見た。2006年に韓国でハチ&TJの1stアルバムに「クデ/그대」と言う唄で収録されてる。歌詞の内容は全くの 別物!  B/C♯m/Em♭/C♯m
  1. ムーンビーチの砂の上 /  忌野さんが96 年辺りだったか?カルメンマキのアルバム「ユニゾン」に書いてくれて客演もしてくれた唄♡ そんな露骨ではないがエゲツない唄である。以前「ウクレレキヨシロー」で別バージョンで歌ったことがあった。「東北6県ロールショー」の白崎映美ちゃんが客演してくれました♡   イントロはB♭⚪︎-G7- C-C
3、カリプソブルー/古い友人、ピアニカ前田のインスト。事実あまりにも時が経っているので原曲に忠実かどうかは、甚だ疑問である(๑˃̵ᴗ˂̵)   G6-Gm6
  1. ショーバイ/ これは91~96辺りに活動していた日韓朝混成バンド「東京ビビンパクラブ」のレパートリーの一つで未発表曲でしたが遂に出ました! 2006年に韓国で初めて自分の名前でデビューしたhachi&TJ で歌詞をコリアンに直して「チャンサハジャ/장사하자 」になりました^^で当時忌野さんのスタジオで「なんか歌って~!」って頼んだら即座に「繁盛ぉぉ」って叫んでくれて,それが時を経て、蘇ったのです٩( ᐛ )و 古い友人Samm Bennetも参加してくれました!あ、ショーバイ\(^o^)/   E♭
  1. 約束 / 何年か前「ウクレレキヨシロー」という忌野の唄たちをウクレレで弾き歌うという本の編纂をしていた時に発見した唄。彼の才能はとっくに枯渇したと思い込んでいた僕は「こ、こんな素晴らしい唄をまだ書けるなんて!」とソウルの片隅で感動したのを憶えています。ちなみに僕のバージョンは原曲に比べて3番と4番がひっくり返っていますが「清志、大目に見てくれい」(๑˃̵ᴗ˂̵)    D


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です