昨日の夜はキューバ音楽の「ヒラルディジャ」を観る

昨日の夜は、ルースターノースサイド@荻窪で、2年9ヶ月ぶりに復活したキューバ音楽の女性バンド「ヒラルディジャ」を観る。メンバーチェンジがあり、リーダーの東野リエが結婚出産のため休業していた。彼女は地底レコードからCDをリリースする、コスモポリタンカウボーイズや金子いずみ&タブーショーに、市村まゆ子がボーカルをつとめたスマートさんでも活躍したドラマー&ティンバレス奏者。川崎のジャズのお店ピアニシモの店員でもあるのだ。ハル宮沢の姿もあった。

凄く美人のフルート奏者、白土達子さんが博多に帰っちゃったこともありトランペットのみに。しかし新たに、コンガ奏者とボーカリストを加えパワーアップ。トランペットの入山和子さんは相変わらずのド迫力。

ヒラルディジャは、これまでアルバムを3枚出していて活動暦15年になるバンドで、彼女達にはキューバでの録音盤もある。とても本格的なのである。音楽性に幅が出て日本語の曲も増えていた。ベースだけは男性ですが。

昨日は昼の麻生小八咫20周年記念、夜のヒラルディジャとも死んだ市村まゆ子繋がりで1日が過ぎた。一番下に市村まゆ子の写真を載せておきます。お彼岸で市村に呼ばれたという話もあります。お前は何やってるんだと言われてる気がします。
img_2798
14370427_901254316645048_6715901359916917353_n


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です