昨日の書き忘れ

 東芝エレベーターのDVD「理事長スズキ氏の管理組合日記」は、サイトへ行っていただければわかりますが、予告編がご覧になれます。その中でも少しだけ「ひこーき」が聴けます。渋さ知らズ「渋全」のアルバムでのイメージとちょっと違う、その違いを楽しんでみてください。作詞は石川啄木さん、作曲はもちろん不破大輔、そして唄うは現在屋久島在住?吉岡みどりさん、SAXも吹く渋さのメンバーでもありました。シンプルな作りになっていますが、石渡明廣の浮遊感がただよう独特のギターがいい味を出してくれています。監督の牧野氏もこのヴァージョンが一番好きで採用したのだそうです。
 アルバム「28」は不破大輔初のソロアルバムで、やりたいことを思いっきりやり通すことの出来たアルバムではないでしょうか。ただのフリージャズアルバムではなく、彼の人生で影響を受けた曲であったり、映画のテーマ曲の断面からインスパイアーを受けたものがいっぱい詰まっています。「ひこーき」は『発見の会』のお芝居の劇伴奏から生まれたメロディーです。
 なお、アルバムタイトル「28」とは阪神時代の江夏豊氏の背番号。ふわとも読みます。

この投稿にタグはありません。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。