昨日は@国立NO TRUNKSで渡辺隆雄カルテット

25日(金)は、オープン15周年を迎えたらしい@ 国立No Trunks 渡辺隆雄(tp) 小山大介(g)須川崇志(b) 江頭良人(ds)
これはとても良いライブを観た。全曲が渡辺さんの曲で最後に先日亡くなったレナード・コーエンの「ハレルヤ」で締める。No Trunksでは夏以来2度目のライブとのことだが、普段は鬼怒くんがギターなのだそうだが、ダブルブッキングで小山くんにタッチ。店主村上さんの選択は凄く正解。

小山くんのギターがこのバンドにピッタリで、ファンキーでロックなカッコ良い曲~バラードまで、初めての参加とは思えない内容。彼のギターは私にとってはシカゴのテリー・キャスを思わす、カッティングにリードまでが一体となったような音で、師匠の加藤崇之さんをまともにしたような音。

これがとても的確なリズム隊に支えられ、渡辺さんの書くカッコいい楽曲と良く合う。江藤さんの激しい音での演奏は初めて見た。写真は頭は切れてるしベースの人写ってないし最低だね。今日は1日著作権問題で朝から夕方までパソコンに向かい合う1日だったので、良いライブを観れて気分は爽快になる。

img_2999


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です