時空兄弟「殺しのシミュレーション」へ意識をシフト!

さぁ〜て、春日博文さんの初ソロアルバム発売になったし、次は6月17日(日)の時空兄弟(長見順・大津真)「殺しのシミュレーション」の発売に意識を徐々にシフトして行きます。

夏の暑い時期にはぴったりの爽やかウクレレサウンドから、聴きずらいダミ声?甘えた声の持ち主?酒飲みの戯言か?「パンチの効いたオーケストラ」のマダムギターこと長見順「ジュリエッタマシーン」大津真の2人が絡む、突き抜けていて時空の歪むサウンドを聴かせるアルバムです。それぞれの曲が何とも言えずキャッチーでインプロな部分もありつつながらも、どこか親しみやすいサウンドを聴かせてくれます。

1.殺しのシミュレーション  作詞、作曲:長見順
2.Ice Song              作詞、作曲:長見順
3.細野さんと散歩  作詞:長見順、作曲:長見順、大津真
4.旅人の歌     作詞、作曲:長見順
5.Under Current      作曲:大津真
6.記憶にない?   作詞:長見順、作曲:長見順、大津真
7.鉄格子のブルース  作詞、作曲:長見順
8.時空バラード     作曲:長見順、大津真
9.時空ブルース          作曲:大津真
10.Love Me Tender   作詞:ELVIS PRESLEY アメリカ民謡


参加ミュージシャン:
長見順(Vocal、Guitar,Piano) 大津真(Guitar,Ukulele) 岡地曙裕(Drums,Perc)


 


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です