梅津・林・早川@国立No Trunks

梅津和時、林栄一、早川岳晴の3人は、死んだ片山広明と関係の深いメンバーだが稀有な編成だそう!お互い2人づつはこれまでも幾らでもあるが、この3人が揃うのは1度か2度目のようです。悔しいか片山。笑

1部は即興で2部は片山が愛して何度も自身のアルバムに収録された曲を3人で演奏。Happy Hour2からローランドカークの「Lady’s Blues」1からは片山作曲の「March」を演奏していた。多作というか、いろんな人のアルバムにも参加していて人との関係が豊潤だった愛される人でもあった。って話になっていた。
楽しいライブでありました。

隣の席に「dust off」のデザイナー久原大河さん、私の前の席にはF式らっきょの藤田さんが座り、片山さんの奥さん妙子さんも居た、そしてSAX奏者の多田葉子さんが「風車の便り」のチラシを配っていた。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です