江ぐち

1月末で営業を終えると言うラーメン屋、三鷹「江ぐち」最後の1杯は断念しました。

アルチュー・で・ランボーさんは11時の開店時に行ったそうですが、昼休憩後の夕方5時頃店へ行ったら階段をぐるっと1階まで行列が続いていて、行列には並ばないをモットーとする私には酷な行列。

一瞬、「江ぐち」になら、並んでも構わないかなとの思いも脳裏をよぎりましたが、やはり断念することに。

何故なら、まぁ下手に入店して不味いと言うか満足できないと、いやだからね。
16日に、100点満点を付けていいラーメンを食べた後なので、あれを思い出にしていいと考える!!

この店の味わいは言葉にならないし、よくわからないぐらい神秘で微妙ないいかげんさが、味を表している。最高と最低が入り乱れる何とも言えないものでした。
久住さん、しかしこれは残念でなりませんね。
ほんとうに再開はあるんですかね?

パン屋の好美屋や駅前の映画館がなくなり、そして「江ぐち」。三鷹もまた変わる。江ぐちの店の上にもラーメン屋が進出するハレンチな時代。ウ〜ン考えちゃいますね!


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です