「潮先郁男・さがゆき・加藤崇之」聴いた方から

滋味に満ちた世界で、何を足す必要もない演奏と歌の妙味に鳥肌を立てている次第です。

一見たゆたうようなリラックスしたムードに聞こえるようで背後に緊張感がせめぎ合ってもいる鋭利さがありながら、(お恥ずかしながらスウィング時代のスタンダード曲にあまり詳しくないのですが)ごくごく自然に入っていける親しみやすさもあって、懐の深い音楽だと思いました。

ライナーで吉田さんも書かれているとおり、一瞬地底レコードらしくないのかなあ、とも思ったのですが、エネルギーの打ち出し方や濃さは、紛れもなく地底であると。聞き終わった今はそう感じております。

S・T さま

この投稿にタグはありません。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です