無線と実験誌とジャズライフ誌にCD評が掲載される!感謝!!

先月発売の波多江・川下・小山「パーヘリック・サークルズ」B73Fが、無線と実験誌12月号に評が今井正弘氏の文で掲載されていました。また今週末発売のオリティー&十中八九ァーズ「ファンク・ハッカーズ」B74Fの評が本日発売のジャズ ライフ誌に掲載されています。長門竜也氏の文です。感謝です!

どちらのアルバムも素晴らしい内容ですから、是非聴いていただきたいと望んでいます。よろしくお願いいたします。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です