今月もまた玉井夕海「Mother Sun」評がCDジャーナルに!

玉井夕海の「Mother Sun」B63Fの評が、先月号に続き、今月発売号のCDジャーナル11月号、松山晋也さんの連載コラム欄「よろしく哀愁」に掲載されました。

大変嬉しいお言葉をいただきました。

〜渋さ印の毒入り闇鍋っぽさ、怪しいところはなく、玉井の歌は風通し良く陽光に輝いている。〜 とあります。

ありがとうございました。

そうなんです、プロデューサー氏はフリージャズ愛聴家ではありますが、ポップ・ミュージックの愛聴家でもあります。多分、ご本人にとってはどこか南沙織をイメージしているのかもしれませんね?

山田あずささんのnouon「kuu」の評も載っています。ヴィブラフォンとコントラバス・クラリネットの組み合わせの妙で、このアルバムは既に成功を収めています。

 

150727_MOT_Face_07_Colour


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です