竹之内淳志 舞踏公演



2010 年3 月12 日(金)〜3 月14 日(日)
竹之内淳志JINEN 舞踏 『身ひとつ』-アルチュール・ランボーに舞踏を送る-
舞踏:竹之内 淳志
音楽:小宮 広子 – 水、石、竹、鈴、声、他
アントワン・ルテリエ(LENA CIRCUS) – ギター・トランペット・フルート
※レナ・サーカス LENA CIRCUS
1999 年にエクスペリメンタルサウンドデュオ、・レナ・サーカスを結成。パリを拠点とする実験的音楽グループ。ニコラ・ムーランとアントワン・ルテリエのギターや、フルート、トランペットなどの吹奏楽器にエフェクトを加えた独自のサウンドを特徴とする。現在ギョーム・アルボンヴィル(ドラム、パーカッション)を加えたトリオを核に活動している。舞踏のパフォーマンスを筆頭にライブペインティングやシネマコンサートといった音楽以外の分野の現代美術との共演を行い、フランスのアンダーグラウンドシーンで好評を博す。(ジャパンフェスティバル/イビサ島(スペイン)、フィルムフェスティバル/パリ)
■今回の音楽で参加するアントワン・ルテリエさんの所属するバンド、レナサーカスと小宮広子さんのCD『時の在処』は地底レコードから。

照明:吉岡靖
音響:吉田光利
宣伝美術:佐々木暁
企画制作:リトルモア地下

全3 回公演 2010 年3 月12 日(金)〜3 月14 日(日)
開演:19 時30 分 受付開場:19 時10 分
料金:予約2800 円 /当日3000 円 (全席自由)
※毎回終演後にアフターパーティーを行います(カンパ制)

/////////////////////////////////////////////

ご予約・お問い合わせ:2 月3 日(水)より受付開始

リトルモア地下 03-3401-1042 平日10-18 時//////////////////////////////////////////////                                               竹之内 淳志【プロフィール】

62 年三重県生まれ。80 年に北方舞踏派に入門、『鷹ざしき』で舞踏の創始者・土方巽に振付を受ける。
86 年「自然」より広く全てを意味する「じねん」というコンセプトでソロ活動を始める。 96〜99 年、日本の様々な土地風土、人や音楽から感じたままを即興舞踏にする吟遊舞踏『じねん』ツアーにて日本全国600箇所で公演。この間に大野一雄・慶人の宇宙観に触れ師事。99〜00 年、JINEN 舞踏『太陽と月』にてヨーロッパ・アジア12 ヶ国を巡り、自然や歴史的な場にて公演しその映像を記録。現在はヨーロッパを拠点に活動している。これまでの経験を基に、あらゆる状態や環境との繋がりで人の内から生まれる千差万別の心情や動きを《JINEN 舞踏の基礎》とし、それら内からの動きを世界共通の身体言語として捉え、様々な国のアーティストと作品を共同制作。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です