風楝ダンス「スカラベ」を観る!

立川子ども未来センター芝生広場での、風煉ダンス公演「スカラベ」を観る。雨の予報だった?が奇跡的に本番中雨が降らない、野外劇に辰巳パイセンが居るにも関わらず雨が降らない。終わって9時頃からパラパラと雨が降り始める。上出来である。

22年前に博多駅前の警固公園で行った芝居の再演で、古い話すぎて誰も見ていないので、比べようもないことを良いことに、多分色んな話が盛り込み付け加えられたのでしょう、いつものようにとんでもなく、くだらないシュールな意味のない話がテンポ良く展開する。これが面白いストーリーなのかと言われると、感動もなければ何でもなかった気はするが、そんなこととは関係がなく大笑いをして楽しめばいいだけのこと。

22年前は既に私の記憶はないが、上野の野外音楽堂で何かの芝居を手伝っていた気がする。舞踏家達が、レスキューよろしく屋上からロープで次々降りて来るシーンを覚えているだけだが。そこで博多へ旅発つ、渋さ知らズのメンバーを見送った気がする。

それはともかく夕方6時からの開演。ビックリである。スタートが速い。住宅街の中だから早く終わる必要があるのか?音デカくてウルサイからね。昔、新川崎の川沿い線路際で翠羅臼の芝居をしていた時、周辺からかなり苦情が来ていて警察が何度もやって来たことがある。

メトロファルスの伊藤ヨタロウ氏の歌は流石である、音程を取れる歌い手が数少ない中では貫禄でした!(みぞぐちあすみちゃんは可愛い!佐々木潤子ちゃん、展子ちゃんもね、笑)超馬鹿デカい作り物は、横浜の美術館横の空き地以来かな?みなさん、おつかれさまでした。
img_2789


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です