騒乱武士、多分雑誌に載る最後の紹介になると思います。

多分最後の雑誌での紹介になるであろう、「騒乱武士・鎌鼬の里ライブ」無線と実験誌10月号で紹介いただきました。Jazz&Popsコーナーに今井正弘さんの評です。

「CDには収まりきれない音の躍動感」と書いていただいています。ありがとうございます。リーダーの、のなか悟空についても書いてあって笑えます。

いつ見ても細江英公氏の写真インパクト大ですね!この写真を使わせていただいたことにも感謝です。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です