病院を転院し診察を受ける、家で昔の映画を観る!

昨日の午前中は心臓・脳梗塞系で世話になった病院へ行く。この科に関しては武蔵境・日赤から吉祥寺へ戻ることになった。1年3ヶ月ぶりで戻るも、看護婦さん、検査技師の方などから声を掛けてもらう。無事だったのね、久しぶりね等(まだ生きてたのね,とは言われなかった)ありがとうございます。

CDの通販注文が1件入っていたので帰宅、昔の映画を見る。魚が出て来た日(悲喜劇な映画だがブラックユーモアもあり面白い、魚が出てきた日とは海面に魚が浮かび上がって来た日の意味)・渚にて(冷戦時代に原爆が使用され北半球が壊滅し、それがオーストラリアへ迫るのを描く美しくも悲しい、そして怖い)の2本、どちらも放射能関係。怖っ!中学生以来ぶりで観る。
明日はフェリーニ2本。81/2とアマルコルド。


音楽はプロデューサーのデビィッド・アクセルロッドが亡くなったらしいので、キャノンボール・アダレイとなんとなく悲しいのでニールヤングを聴く。売れたCDは潮先郁男・さがゆき・加藤崇之「I Wish You Love」ありがたいことです。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です