CDの発売が続きましたが一段落!

何だか、3月頃から高柳昌行・Peter Kowald・翠川敬基、木村文彦、久住昌之’スクリーントーンズ、不破大輔とたて続けのリリースラッシュでメチャメチャ忙しい思いをしてきましたが、やっと今日一段落できた。

孤独のグルメのオーダーラッシュも止まり余裕ができる。おかげでアマゾンの順位はズット落ちてきましたが、今日は27位(一応、数日間1位になりました。ウチの流通先であるメタカンパニーさんのサウンドトラック部門での新記録だったそうです)

 

来月に1枚オークアートミュージックからのフローリンニクレスクと言うマヌーシュジャズの中堅バイオリニストのアルバムをリリースします。来日記念盤とのことで全国5〜6ヶ所でライブが予定されています。ジャズジャパン誌やらジャズライフなどで告知がでる筈です。

その後の予定は同じオークアートさんの珍しやカンツォーネアルバム「田口やすひこ」さんのアルバムに、是安さんが亡くなって1年が経つため「加藤崇之・是安則克・山崎弘」のトリオをリリースします。凄くまっとうな美しいジャズで是安さんの演奏が際立つ内容です。9/24の1回忌に相応しいアルバムになると思います。合掌!


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です