CDジャーナル誌とミュージックマガジン誌に「HONE」の記事が掲載される!


今月発売号のCDジャーナル10月号の松山晋也氏のコラムで、久住昌之&オーケストラQ「HONE」が取り上げられていて、「骨」と「瞬ク日々」を近年聞いた日本の歌で最も感動した曲で、今年のレコード大賞に決定とあります。ありがとうございます。CDジャーナル誌にはカラーページでも安田健一さんの評が掲載されています。ご覧になってください。

ミュージックマガジン誌でも、久住さんのインタビュー記事と吉祥寺在住のパンク系音楽のライター、行川和彦さんからの評が載っています。何故、行川さんだったの?こちらもありがとうございました。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です