GHR-001 山本シン “Live at 拾得”

高田渡の歌った「スキンシップ・ブルース」の作者である山本シン。

’80年頃には京都でのフォークシーンの最後を飾るようなバンド「招き猫ユニット』としてレコードを発売していたことがある、その後の90年代に1枚CDを発売していたが残念ながら声が出ていなかった。そちらのCDは既に廃盤とのこと。このアルバムは久々の自信作と言うより、56歳になっての不良ブルース・フォークシンガーの実質的なデビュー作と言っても過言ではない。1曲目は田中研二氏の名曲です。

関西屈指のギタリスト仲豊夫(シェリフ、勇造バンドetc)との京都・拾得におけるライブ盤である。30年以上ひたすら人知れず関西、九州を中心として、咆哮のような歌を歌い続けて来た山本シンの世界は、ギタリストの仲という良き相棒を得て深みを帯び、より自由に、より豊かに広がったのではないだろうか。なかなかの好盤だと思うが。

■曲目リスト(Track List)

  1. ブーツには青いペンキの汚れ
  2. 逃げ出さないで
  3. 見上げた空
  4. 惨めな奇跡
  5. BABY
  6. 船長気分
  7. レクイエム
  8. 嘘の上手な正直者

■参加ミュージシャン(Musicians)

山本シン
仲豊夫

■作品データ(information)

  • 品番(No.):GHR-001
  • タイトル(Title):Live at 拾得
  • アーティスト(Musician):山本シン
  • 税込価格(price):2,800円(税抜)3,024円(8%税込)
  • 発売日(Date):2007/10/15
  • レーベル(Label):Grasshopper Records
ご注文は【こちら】から、お名前、ご住所、電話番号を記載の上ご注文ください。送料・代引き手数料は無料です。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です