片山広明CD「いそしぎ」B44Fの評

片山広明CD「いそしぎ」B44Fの評が、今頃になってとでも言いますか、レコードコレクターズ8月号のリイシューガイドで紹介されています。渋さ知らズが「渋さ知らず」になっているものの温かい評となっています。

ミュージックマガジンでは得れないホンワカいいムードがただよいます。録音当時の状況がよみがえるような内容に、中央線ジャズの持つパワーを感じます。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です