JAZZ JAPAN誌に波多江・川下・小山の評が掲載されました!

JAZZ JAPAN誌87号今月発売号(八代亜紀さんの表紙)に波多江崇行・川下直広・小山彰太「PARHELIC CIRCLES」B73Fの評を掲載いただきました。短いですが、手に取ってご覧ください。ありがとうございます。まだ掲載してもらえる雑誌あるかな?

下記はツイッターやフェイスブックで見つけたパーヘリックサークルズに関して

『Parhelic circles/波多江崇行・川下直広・小山彰太』を聴く。「幻日環」という語に括られた演奏が放射するひかりの行方を想う。「幻日」のひかりはジャズの過去・現在・未来を射抜いて「幻日」非在の国を顕現する。この音楽にはヴィジョンがある。(ライナーを書いていただいた、オフノート神谷さんのツイッターから)

今年5月の福岡糸島でのライブを収めた出来立てホヤホヤの生録りで、現場の臨場感がダイレクトに伝わってくる一曲目はなんと30分を超える大作で、三人の霊気〔清らかな魂〕が見事に融合した素晴らしい作品です。聴き込むほどにその良さが深く響いてくる嬉しい作品でもあります。飯島佳紀 (室蘭のご住職)


ツイッターで見つけた Yoshihisa Kaneko さんの投稿からの写真、右隣の人形がカワイイ!

この投稿にタグはありません。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です