LATINA誌にSugee「Back to Goddess」評が掲載されていた。

大阪から3時に病院へ直行し、帰宅後スクリーントーンズのシャケさんにSeason7のCDを渡す。新宿公園で辛い中華のイベントが土・日曜日に開催され、そこにスクリーントーンズが出演します。時間は不明です。食が進むことでしょう!その通販の申し込みが12件来ていた。明日送付します。

Latina(ラティーナ)誌5月号が届いていた。Sugeeの「Back to Goddess」評が載っていた。若杉実さんのペン。同じメタカンパニーさんのリリース物、松永希さんの「声」や、越生の山猫軒からリリースのShezoo Shizu さんの「夜の音楽」評と共に掲載されていた。ありがたいことです。Sugeeは以前、吉祥寺でラテン系のお店を経営し、キューバ音楽、ボサノバのライブをやる店をやってたからかな?若杉さん、Sugee の過去作品も聞いているみたい。


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です