QUSDAMAB82Fの記事を音楽文士、行川和彦さんに書いていただきました!

久住昌之さん率いる QUSDAMA「大きなくす玉」B82Fについて、音楽文士・行川和彦さんから文章が送られて来ました。
なめブログに書いていただきました。感謝です!

http://hardasarock.blog54.fc2.com/blog-entry-2068.html

ほとんどの曲を久住一人が書いていてリード・ヴォーカルをとっているが、バンド全体でアレンジしたことがよくわかる多彩な音の仕上がりである。
いわゆる打楽器をほとんど使ってなくても3人の奏でる音はメロディアスなだけでなくけっこうリズミカルで、“心のビート”として鳴っている。
と好評をいただいています。

音楽ライターさん多数いる中で、この行川さんが書かれる文章はいつも真剣で専門ジャンルが違うのですが、このようなポップスアルバムにも真摯に向き合い、文章にされるのでいつも感心します。
#孤独のグルメ 久住昌之さん渾身の作品です!


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です