Trinite@神楽坂グリー

昨日の夜はTrinite(トリニテ)@神楽坂The Glee Trinite= Shezoo(p) 壷井彰久(vln) 小森慶子(cl,B-cl) 小林武文(ds)

凄い技巧派達の集団だが、余り言われている程のプログレ感は感じなかったが、何かデジャブ感と言うのか?何かの古い映画のワンシーンを見てるかのような美しい音楽。日本人でなければ生まれえない不思議な感覚を得れるも、濃密でいて気品のある楽曲を聴かせてくれる。

私は彼らをミュージックマガジンのCD評で高得点を得ているのを見てCDを購入して見たら、余りにも美しくて最初はプログレに良くあった様式美のようなものも感じたが、シズさんが生み出す作曲能力に惚れる感覚を味わう!しかもハイレゾのライブ音源でファーストアルバムの再現だったのには口がアングリだった。そんな事普通不可能でしょ。室内楽とも言えるようなクラシック感覚、ジャズ感覚、ポップス感覚、等の混じりあった崇高さはキリスト教神秘主義的なものからか?
先週は1週間カマシ・ワシントンの3枚組とトリニテの新作だけを聴いて過ごしたぐらいですから。

会場は気取った感じで飲み物、食べ物も価格が高くて趣味ではないな。音の響きは良さそうだったが。
あと客層が年齢が高めだったのが気になったかな。ジャズ系はいつもそうなので別に構いませんが。笑


応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログへ
音楽(ジャズ) ブログランキングへ

“Trinite@神楽坂グリー” への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    神楽坂で活動されている方たちなのでしょうか?
    凄く気になりました。
    一度、演奏を聴いてみたいです。

  2. 地底レコード より:

    Toiniteですね。彼らは別に神楽坂だけではなく今年はドイツや先月は北海道をツアーされていますね。バンドメンバーそれぞれが自身のバンドや他にもいくつ化のバンドで活動されています。壷井さんはイーラと言うギタリスト鬼怒無月とのバンド、小森さんは高円寺百景と言うバンドや、小林さんとのルードゥス・トナリスと言うユニット、リーダーのShezooさんはシニフィアン・シニフィエ等でも活動されています。参考にされてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です