A-lab 0001 The ARTH “CHOCOLATE OCEAN”

このバンドとの出会いは、リーダーのSUGGEがやっていた、吉祥寺・南口末広通りの入り口にあったラテン系音楽のお店「フンラフン」で。ベーシストのProf.TogoさんがDJで出演されたり、バンドで出演された演奏を数回聴いていた。 その後、数年経ちこのお店に通っていた友人に誘われて、 ‥‥

MIMIMI-005 レナ・サーカス “時の在処”

アルバム『時の在処』は、レナ・サーカスの音楽と、舞踏の分野にて音楽活動を展開する小宮広子の音世界との共振により生まれる。 トリオが繰り広げる音の波動に、小宮広子の音言語である小さなベル、石、サヌカイト、竹、水、砂、貝がらといった様々なもので奏でられる自然音と、彼女のプリミティブな ‥‥

BPCB-0055 コスモポリタン カウボーイズ “Second ☆ Country”

前作「世界で一度も咲かない花」で、J-カントリーのジャンルを確立させたカウボーイ達が、新たなるサウンドを目指しパーカッション、サックスを加えた編成で、ライヴ会場に録音機材を持ち込み録音。 ライヴレコーディングした音源をもとにスタジオで編集し直した、新しい形のライヴ盤です。 ☆この ‥‥

GHR-001 山本シン “Live at 拾得”

高田渡の歌った「スキンシップ・ブルース」の作者である山本シン。 ’80年頃には京都でのフォークシーンの最後を飾るようなバンド「招き猫ユニット』としてレコードを発売していたことがある、その後の90年代に1枚CDを発売していたが残念ながら声が出ていなかった。そちらのCDは既に廃盤との ‥‥

JTC-002 後藤叶圭 “LOVE SONG”

1000曲を超えると言われる、多くのCM曲、有名なCMソングも数知れず、また山下達郎らのバック・ヴォーカリストとしてスタジオワークスをしていた、多くのアーティストのバックボーカルとして活躍している後藤叶圭(きょうか)と柳沢和夫のコラボレーション作。 北アルプスのふもとの町、長野県 ‥‥

BPCB-0054 コスモポリタン カウボーイズ “世界で一度も咲かない花”

2001年に誕生したコスモポリタン・カウボーイズ。 フラコヒメネス、ダグザーム、アスリープアットウィール、ハンクウイリアムス、クラレンスホワイト、などなどのアーティストが好きな方なら、絶対に好きになる愛すべきしばらく存在しなかった、ある種隙間をついた日本語で歌う本格的カントリーロ ‥‥

SN-002 北陽一郎 “ONE WORLD-ONE SOUND”

北陽一郎とエバーハルト・クラーネマンは、電子楽器と伝統楽器で完全即興演奏をしています。両者はクラシック音楽の教育を受け、ジャズ、ロック、エレクトロ・ポップとクラブ音楽を演奏してきました。二人がライヴ演奏する時は、曲目、曲の順番、調子や音の構造についてはいっさい決めないで始めます。 ‥‥

NIR-006 FEDAYIEN “フェダイン3”

フェダイン3

こちらも初めての復刻。もっともトリオとしての活動がのりにのっていた時期のこちらもやはりライブ録音盤。 当時のフェダインにとってはホームグラウンドとも呼んでいい、神奈川県大和市にあった「タルホ・ファーム」で納得がいくまで演奏された3曲が収められている。 スピード感溢れるテンションの ‥‥

NIR-005 FEDAYIEN “フェダイン2”

フェダイン2

ファーストアルバムが、コロンビアのメジャー流通にのり4000枚売れたと言われる中、500枚のみのプレスであったこの「セカンド」と「サード」はともに初めての復刻となる。 フェダインの代表曲をライブレコーディングで3曲収録。油が乗りきったと言って良い時代の代表曲3曲が並んだ、1曲の演 ‥‥

NIR-004 FEDAYIEN “フェダイン1( fedayien first )”

フェダイン1

フリージャズトリオ「フェダイン」衝撃のデビュー作。伝説として語り継がれてきたファーストの復刻盤がついにここに登場。いずれも1度聴いたら頭から離れない名曲揃いである。名盤たる所以。 1992年度ミュージックマガジン誌が選ぶ、ジャズ年間ベスト5の1位に輝く名盤中の名盤。ナツメグ盤がオ ‥‥