SN-001 北陽一郎 “KO-ON-TEN WARSAW LIVE”

渋さ知らズのトランペット奏者、北 陽一郎によるワルシャワ・エレクトロニック・フェスティバルでのコンサートを完全収録したCD。 オリジナル・コンピュータ・ソフトウェア「Ninja Jockey」とトランペットを使った完全即興演奏。 ■曲目リスト(Track List) Record ‥‥

MR-001 エスパソ “朝朗(あさぼらけ)”

あらゆる音楽の要素や形式が、さりげなく大胆に導入され、密度の高いオリジナル・ナンバーで、アコースティックな音楽空間を構築するのがコンセプションのようだ。全6曲すべてが創作で、フォービートやエイトビートに寄りかからない変拍子ジャズの独擅場は、ことさら聴き応えがあり、独特なエスパソサ ‥‥

MRCD-1002 エスパソ “音節(おとぶし)”

およそ1年半ぶりの待望のセカンド・アルバムである。今回も全てオリジナル曲の発表なので、彼等の成長度合を確認して欲しい。和風のタイトルでは有るが演奏自体は、アコースティックでシリアスなジャズで、今回は全曲を柳原達夫が作曲しており、各曲15分の演奏を聴かせる。 2004年7~8月の北 ‥‥

EQ-39 タトパニ “Themes From Dreams”

この度「タトパニ」が皆さんにお送りする”Themes from Dreams”は、夢の中や記憶の中で聴いた様々な音楽のイメージをつないでひとつにまとめたアルバムです。これは私たちがこの数年コンサートで演奏してきた私たちのドキュメンタリーであり、このグループ ‥‥

SJHCD-001 パク・ジェチュン “Mol-e mori II”

  私(地底・吉田)が尊敬する数少ないミュージシャンの一人である、大友良英氏がパク・ジェチュン氏と共演した素晴らしいアルバム『Loose Community』(IMJ-511)から、大友氏の文を引用させていただきます。”カンテーファンさんの即興演奏に呼応するように、韓国 ‥‥

EDS-1521 エドワルド・デル・シグノレ “CAPTIVATED”

イエスのジョン・アンダーソン、ボブ・ディランのバイオリニスト、スカーレット・リヴェラ、トランペッターであるジョン・ハッセル、ケイ赤城を始め、なんなのこれと言うようなアーティストがゲストで多数参加しています。ジョフ・ブリッジフォードは初期のビー・ジーズのメンバー。 ウルグアイ出身で ‥‥

B18F FEDAYIEN “!”

!

2000年12月をもって解散した、フェダインのラストアルバムにして彼らの最高傑作である! 多才なゲスト4人を迎えて録音に挑む。アタックの強い山本俊自氏のフルートに太田恵資氏+川下直広のヴァイオリン・バトル合戦が襲いかかり、梅津和時氏のアルトと川下のテナーの吹きまくりバトルとすさま ‥‥

CT-1521 カーラ・タワー “LIVING ON BREAD & CIRCUS”

詩人である。カーラ・タワー(Cara Tower)はカリフォルニア州サンタバーバラ生まれのシンガーソングライター。ドイツのフライブルグで青春期を過ごす。レコーディング時にお金が無くシンセサイザーが買えなかったらしく家の中や庭にあるいろいろな物をサンプリングして使う技を身につける。 ‥‥

JTC-001 後藤叶圭 “愛のメッセージ”

山下達郎のバックボーカルとして、さまざまなTVコマーシャル音楽を担当したボーカリストとして、長い活動歴を誇る後藤叶圭の初のソロアルバム。70年代ナベプロに所属して「アトリエ」という3人組のコーラスバンドのメンバーとしてデビューする。アルバム1枚とシングル3枚を残したようだが、その ‥‥

時弦-003 時弦旅団 “still songs”

関西で活動するグループの1st.アルバム。変化に富んだ構成に明快なメロディーが交わる曲の数々が摩訶不思議な力を発揮し、沖縄の音階までもが顔を出し独特の世界を醸し出す。日本でしか産まれ得ないプログレ・ジャズ&ロック。これ以前には、カセットでの音源も2作販売されていた。メンバーチェン ‥‥