「潮先郁男・さがゆき・加藤崇之」聴いた方から

滋味に満ちた世界で、何を足す必要もない演奏と歌の妙味に鳥肌を立てている次第です。 一見たゆたうようなリラックスしたムードに聞こえるようで背後に緊張感がせめぎ合ってもいる鋭利さがありながら、(お恥ずかしながらスウィング時代 ‥‥