横浜エアジンで不破ワークスを観る!

昨日ですが、横浜そごうでパリの街角の写真展を観る。 その後、馬車道エアジンヘ行き不破Works=立花秀輝(as) 北陽一郎(tp) 山口コーイチ(p)加藤一平(g) 磯部潤(ds) 不破大輔(b) 要は渋さ知らズ。渋大祭以来でライブハウスでは1年ぶり。しかしうるさいな〜、(笑) ‥‥

劇団・発見の会が再始動か?

5年間ほどお休みしていた劇団「発見の会」が、今年の6月頃?(来年か?)の公演に向けて再スタートすると言う。 生き残っている演出家・有馬則純のうつ病が原因で誰が何と言おうと頑として動かなかった人が、再スタートすると言いだした。 まぁ、大して面白くはなりそうにはないが、「破廉恥で、だ ‥‥

アースデイ東京のステージ部会に出席しました!

アースデイ東京のステージ部会が終了! 2月1日の第1回出演者発表に向けて出演者がやっと決定した。 50周年記念との事で、豪華メンバーの名前や意外に思う名前もあります。今年、私はセカンドステージの出演者の選出に協力しています。ご期待ください! 会場:代々木公園(イベント広場・ケヤキ ‥‥

ベニシアのアルバムが、しんぶん赤旗の日曜版で紹介されています。

「しんぶん赤旗」日曜版にベニシアの「音楽という贈り物」のCD評が掲載されました。飾り気のない歌声が静かに胸に迫る、と書かれています。感謝です! 新聞、今日届いちゃったので。 来月の頭には産經新聞の大阪版が、ベニシアにインタビューしたらしくCDも紹介してもらえるそうです。さすが人気 ‥‥

林栄一&マズル・オーケストラTD・マスタリング

林栄一&マズル・オーケストラのトラックダウン@吉祥寺GOKサウンド、近藤さんの手により、あっという間に音がまとまり音が完成する。選曲等は、林栄一さん、石渡明廣さん、後藤篤さん、吉田隆一さんとの作業で進む。馬鹿話が凄い!最近のジャズ界隈の話、一部の界隈だけど!それに関係なく、やっぱ ‥‥

下北沢駅前にLOFTが出現!

今月1日にオープンした、下北沢ロフト・Flowers Loftに行ってきた。本当に新しくなった下北沢駅前のビルの地下だった。この日はロフトの社長の梅造さんがいると言うので。100人ぐらいのキャパか?いきなりバーカウンターがドーンとあるのでここライブハウス?って感じですが ‥‥

スーパーボウルでカンザスシティーチーフズが優勝!

1980年ジョン・レノンが死んだ日、私はミズリー州のカンザス・シティーに居た。何故そこに居たかは言わないけど。笑 この日、ホテルの部屋でどデカイドイツ人の男に顔を殴られ鼻が折れた。(詳しい事情は話さないが)ホテルに一番近い病院はたまたま州立大学の形成外科だった、自分でそこへ行き最 ‥‥

さらにジャズ評論家の齋藤聡さんからもツイッターにベニシア評をいただきました。

ベニシア・スタンリー・スミス『音楽という贈り物』、地底レコードより意外な盤。素朴というのか文字通り人柄というのか、たたずまいがそのまま音楽になっている。 というような文章をいただきました。今回のジャズ評論家である3氏からいただいた文章、たいへんありがたいのですが、どこかに戸惑いが ‥‥

JAZZ TOKYO稲岡邦弥氏からもベニシア評をいただきました!

JazzTokyo #262。僕が担当した Hear, There & Everywhere #17 は、京都・大原に住む英国貴婦人のハープ研究家ベニシア・スタンリー=スミスさんのCD『音楽という贈り物』。ベニシアさんの英国の伝統と京都の伝統をうまく調和させたライフスイタ ‥‥

作家田中啓文さんのブログの3作品まとめて文章をいただきました!

地底レコードから発売された3商品を、作家の田中啓文さんが自身のブログにアルバム評を書いてくださいました。 早川岳晴「四色の蛇」大西英雄「ヒデオの間」ベニシア・スタンリースミス「音楽という贈り物」の3点。 ジャズの専門家である田中啓文さんから、フォーク?のベニシアとロック?の大西英 ‥‥